B型肝炎の給付金訴訟とは

注射B型肝炎の給付金訴訟は、国が行っていたツベルクリン反応検査や予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方に配布される給付金を受けとるために行われる訴訟になっております。B型肝炎の給付金訴訟は、昭和の23年から昭和の63年までの40年間の間に、国が行った予防接種やツベルクリン反応検査によってB型肝炎ウイルスに感染した方に対して、国が責任を取るという形で給付金を支給する制度になります

このB型肝炎給付金制度は、金額が大きくなっておりますので、誰でも給付金を受け取る事ができる事が無いように、国もしっかりと精査する必要があり、その為、被害者の方が訴訟を起こし、国が行っていたツベルクリン反応検査や予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染したという根拠が認められなければ給付金を受け取る事ができないようになっております。その為、国が行っていたツベルクリン反応検査や予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染したとされている方のおよそ15分の1しか給付金を受け取る事ができていない状況になっております。最近では、B型肝炎の給付金訴訟を請け負う弁護士事務所が多くなってきており、患者さんの負担はかなり少なくなってきていたり、期限も5年間延長されるなど徐々に給付金を受け取る事ができる方が増えて来ております。